スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日から後半戦 

リーガエスパニョーラは今日から後半戦start。

我らがレアルは首位バルサと勝ち点12差の2位という状況。

この差を逆転できるかどうかは、両監督の手腕にほとんどかかっていると思う。




すぽるとで

バルサ強すぎ、勝ち点100いくんじゃんみたいなこといってたけど

さすがにそれは、ないでしょ。

シーズンの内いい時もあれば悪い時もある。

今はいい波にのってるけど、そろそろ悪い波がバルサに押し寄せてくるはず。

経験の少ないグアルディオラ監督がそれに対処できるか。

見物だね。


レアルは前半戦はとにかく

怪我人が多すぎた。

んで、シュスター結果が残せず監督がファンデラモスになり

フンテラールとラサナディアラ補強。

そっからは今連勝中だし悪くはないけど、

問題はこっからだと思う。

監督交代したらそこからよくなるのはよくあることなんだけど

一回それが切れると途端に負けまくる。

過去に何度もそういうのみてきたからそれがこわい。

そこを切り抜けられるかは監督の力量のみせどころなんだけど

ファンデラモスはどうだろう?

ファンとしては期待してるけど不安もある。

トッテナムの時の成績を考えるとちょっと不安。

トッテナムというと、こんな記事がありました。

『トッテナムはイングランド・リーグカップで2部リーグのバーンリーFCを相手に苦戦し、延長の末にようやく決勝に駒を進めた。昨秋、フアンデ・ラモス前監督の後任に着いたレドナップ監督は、「このチームを誰がどうやって作ったのか知らないが、自分の好きなところでプレーする選手の寄せ集めだ。おそろしいよ」とおかんむりだった。』



今日から始まる後半戦は、

レアル、バルサとも悪い波がきたときに監督が対処できるかに焦点あわせてみたい。

逆転するには早いことに越したことはないから、できるだけ早くバルサに悪い波がきてほしいね。


20節のカードは

レアルはデポルティーボ・ラ・コルーニャと

バルサはヌマンシアと。

前回の対戦ではデポルティーボ・ラ・コルーニャとヌマンシアが勝っています。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。