スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『虹色パス』 -2010J1第2節vsFC東京@埼玉スタジアム2002。-  

          
          IMG_1571_convert_20100316172532.jpg
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【2010J1第2節】

浦和レッズ 1-0(前半1-0) FC東京 @埼玉スタジアム2002


得点
19分 浦和(ロビー:PK)

FW エジ 達也
MF ロビー 柏木
MF 阿部ちゃん 細貝
DF 宇賀神 坪井 のぶひさ 平川
GK 山岸
63分 達也→セル
72分 平川→岡本
86分 柏木→啓太
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■お人よしTOKYO
思い出そう!2004年ナビスコ杯決勝、あのPK戦で負けてからのTOKYOとの対戦成績を!ナビスコ杯、天皇杯含め11勝2分0敗である。これほどまでに"お人よし"なクラブは他にはない。エルゴラのtoto予想も、はっきりと「"1"しか考えられない」と。これから先、はたして「眠らない街~ ♪」(TOKYO勝利の歌)を聴かされる日はくるのだろうか?一体いつまで無敗が続くか、これからもぜひ"お人よし"でいてほしい。

■やっぱり2トップ!
スタメンに達也が入り、前節の鹿島戦の1トップから2トップへと変更。オフシーズンはずっと2トップで調整してきていたし、前節も2トップになってからやることがはっきりし、"ただパスをまわしただけ"という攻撃が少なくなり前線が活性化した。相手チームに関係なく、変更は当然だろう。
4-4-2となると、層がかなり厚い攻撃的MFの2人の組み合わせを、フィンケ爺がどういうチョイスをするかとても興味深いところだが、今節は柏木とロビーの組み合わせで挑んだ。GGRのスタメン予想と同じく、2列目にロビーとセル、ボランチに柏木を置くという布陣が自分の中での第一希望(後述の虹色パサーをボランチに置いておくことを希望のため)であったが、エルゴラとMDPのスタメン予想通りになった。ここのポジションは、ロビー、柏木、セル、原口、林、さらにSBの宇賀神もPSMではここをやったし、峻希も、そして怪我で離脱中のサヌ、直輝、梅崎もここのポジションで輝く選手。バリエーションは豊富で、しかもフィンケ監督は同じ選手をずっと使い続ける監督ではなく、「調子のよい選手、練習でアピールした選手をつかう」監督なので、これからも試合前のスタメン予想が楽しみである。
誰が出ても変わらないようなチームを、というのは最低限やる決まりごとの話であって、選手が1人代わるだけで、いや選手を代えなくてもフォーメーションやポジションチェンジをするだけでも色ががらりと変わるのがサッカー。そこがサッカーの面白いところであり、興味深いところ。人それぞれ好みがあり、監督にももちろん好みがある。もちろん選手の特徴や調子の良し悪しを"公平に"見た上での好みだが。
これからも、いろいろな形の布陣の想像を膨らましながら、スタジアムへと向かうのがとても楽しみだ。

■まだまだ隙が多すぎる守備、進化中の攻撃
さて、試合である。
相変わらず90分通して守備は不安定。持たせるところは持たせておいてもいいが、危ないところ、そこはいかないとだめだろっていうところもボールへのプレスが緩いことが何度もあった。その辺の区別というか、いくいかないのところでまだ若干判断が間違っているようなプレーも見受けられたので、隙は多い。相手がそういう隙を見逃してくれなければ、2,3失点してもおかしくはなかった。幸いこの試合では、多くの隙を見逃してくれて、また1失点副審に助けられたので無失点で済んだが。
初出場岡本(あえて年齢には触れない)も攻撃では精確な逆サイドへのパスなどで才能の片鱗をみせてくれたが、守備ではまだ隙をつくってしまうことが多くあった。そこを長友+石川ナオで突かれるとかなり脅威だったが、石川ナオはほんとによく動きまわる選手なので、左サイドに張っているということはなく、左右にチェンジサイドしていたので、逆にそれが幸いした形になった。
相手が1人少ない状態で結局PKの1点だけというのはもちろん満足できない。しかし、2トップのときはいい形をつくれているので攻撃においては、あまり心配はない。特に達也のFWとしての輝きが戻ってきたのが何より。さらに柏木というトッピング、宇賀神風隠し味も加えれば、こんなにも昨年と変わるかと思うほど、攻撃は変わった。進化している。

■虹色パス
虹色パス『相手選手(たまに味方選手までも)が「はっ!(ここにきたか!)」と一瞬戸惑ってしまうようなパス。体(たまに体だけでなく頭も)がついていけないようなパス。受け手と出し手の呼吸が合ってそれが通れば、かなりの確率で点が入るようなチャンスへと結びつくパス。』そんなパスのこと。(注:世間一般には通用していない単語です)
33分、阿部ちゃんから達也への1本のパスでシュートまでいくシーンがあったが、あれこそ、"虹色パス"。サッカーってそんなに点が入るスポーツではないし、相手の準備ができているところへ予想できる攻撃をしても、相手がミスしたり何かとても運のいいことが起こらない限り点は入らない。「サッカーは騙し合いのスポーツ」って言う人もいるが、いかに相手の裏を突くか。33分に阿部ちゃんが繰り出した"虹色パス"、ああいうパスをもっとボールまわしの中に汲み込んでいければ、さらにチャンスが増える。特に、センターハーフ、ボランチの選手が虹色パスを繰り出せるというのが、攻撃のバリエーションを何倍にも増やすことになる。バルサの心臓部はイニエスタ、シャビ、あそこがいく通りものバリエーションをつくりだしているが、最近ではマンUが、ずっと4-4-2がスタンダードだが4-3-3という形、しかも中央の3にキャリック、スコールズ、フレッチャーなどいずれも展開力の優れた選手を置く形を多く使用するようになってきている。
閑話休題。久しく阿部ちゃんの虹色パスを観なかったが、これがもっと出てくれば、代表でもベンチにいるような選手ではないだろう。このパスを繰り出せる状況をつくれたのは、もちろん周りの選手達のカバーがあってこそ、特に隣の細貝の素晴らしい献身的な走りがあるからこそ、それを忘れてはいけないが。
阿部ちゃんがカバーし細貝が攻撃に絡んだり虹色パスを繰り出すのももちろんありだし、柏木がボランチの位置から1本パスを通すというのももちろんありだが、とにかくもっともっと数を増やしてほしい。前節の鹿島戦での柏木の虹色パス(糸通しパス)、そして今節の阿部ちゃんの虹色パスがとても新鮮に感じた。小笠原やガチャピン遠藤やケンゴがいるチームとは違い、ボランチからのそれは、昨年はめったに観ることがなかったので。
ボランチの選手がもっと数多く攻撃に絡む、もっと虹色パスを繰り出すようになるということは、2年目航海中のフィンケ丸がNEXT STAGEへ行くための1つの条件だと思っているが、思ったよりも早くそれをクリアできるかもしれない。そんな期待を抱ける柏木、そして阿部ちゃんの虹色パスだった。

【Photo】

IMG_1563_convert_20100316171851.jpg

IMG_1564_convert_20100316171953.jpg

『山田うどん。のぶひさ、しっかりやってくれよ!と愛をこめて。』

IMG_1568_convert_20100316172203.jpg

IMG_1569_convert_20100316172317.jpg

『くそレフェリー!異論はありません。しかし、森重の1枚カードをもらっていることを忘れているかのようなイエローぎりぎりのプレーの連発、そして平山のあからさますぎるファウルの仕方&倒れ方の下手さも問題ではと。』

IMG_1572_convert_20100316172652.jpg

『2010初勝利!』

コメント

川崎戦を一つの目標に!

お疲れさまでした。

2、3日前でしたが、日本代表に関するムック本を読んでいて、その中にシャムスカにインタビューしている記事があって、彼が日本代表を率いて南アフリカ大会を指揮するとしたら…という内容で、シャムスカのボランチのチョイスは阿部ちゃんと長谷部の組み合わせでした。
詳しくは覚えていませんが、とにかくシャムスカが阿部ちゃんをめちゃくちゃに高く評価していたのが印象的でした。
それだけに阿部ちゃんはボランチで輝いてほしいものです。

正直、数的優位を得たのに追加点を挙げられなかったのは不満ですが、とにかく勝って山形以下の残留争いレベルの相手との4試合に入れるのは大きいですね。すべて2-0以上で勝ってイルカ退治といきたいものです。

日曜はお疲れ様でした。
ある意味で御得意様の東京相手に今回も勝利となりましたが、全体からすれば「勝負に勝って内容で負けた」となるでしょうね。昔のレッズならこれでも良いですが、今年は内容を重視すべきフィンケのサッカーでは、やはり不満と不安は残ります。
宇賀神など素晴らしい光もあるだけに、これら個人の力を活かした本当の組織サッカーを早く見たいところですが・・

藤沢雄二さんへ

こんにちわ。お疲れ様でした。

なるほど、そうですか。やはり世界で闘うには阿部ちゃんくらいの守備力がボランチにほしいところですよね。それであのパスが出せるんだったら文句なしです。
この勝ったことをプラスに働かせて次節につなげてほしいですね!次節は今節分の得点も期待しています☆

うえさんへ

こんにちわ。お疲れ様でした。

ラッキーな部分も目立ちましたからね(副審の誤審は大きかった!)、それでぎりぎり勝っても、まだ不安は拭えませんね。
宇賀神は本当に楽しみです☆エジなど中とのコンビがあってくればさらに楽しみですね!

コメントする

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2525hootball.blog14.fc2.com/tb.php/304-53653020

第2節ガンバ大阪ダービー引き分け&他クラブ結果

第2節のガンバVSセレッソの大阪ダービーは1対1となり ガンバは明神ゴールもドローとなり勝点1も勝利が遠いね 横浜3ー0湘南・新潟1ー1磐田・清水3-0山形なったが 仙台3ー1大宮・名古屋2ー3川崎と言う結果だったけども 京都1ー1鹿島・浦和1ー0東...
  • [2010/03/16 21:31]
  • URL |
  • スポーツ瓦版

鋼錬「光と影」&大阪ダービー引き分け

鋼錬はホムンクルス戦&中央部隊の動きも リン&ランファン対グラトニーは良い感じだったし
  • [2010/03/16 21:49]
  • URL |
  • 別館ヒガシ日記

ヒヤヒヤと安堵の危うい勝利 ~浦和vsF東京

J1リーグ第2節 浦和レッズ1-0FC東京 ~埼玉スタジアム2002 勝った。何とか勝った。ある意味で”勝てた”と表現する方が正しいかもしれないが、それだけ危うい勝利だったことは間違いないだろう。 PKでの得点までは良しとしよう。問題はやは...
  • [2010/03/19 17:30]
  • URL |
  • 浦和レッズの逆襲日報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。