スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09-10天皇杯4回戦 横浜FMvs川崎@日産ス。 

コーキチ最後だしなぁってのもあったし、川崎はナビスコで負けたからなぁってのもあったし、この試合はどっちつかずな感じで観ました。

-----------------------------------------------------------------------------
09-10天皇杯4回戦

横浜Fマリノス1-2(前半0-1)川崎フロンターレ  @日産スタジアム

得点
32分 川崎(ジュニーニョ)
57分 横浜FM(山瀬)
85分 川崎(矢島)
-----------------------------------------------------------------------------

両チームとも、絶対先制点だけはとられたくないというガチガチ的前半の入り。

マリノスの方が押し気味だったけど、セットプレーCKからフロンターレが先制。
マリノスはこの試合松田がかなり目立っていて、攻撃にも絡み、結構押していたんですけどね。

そしてこの試合印象に強いのは、ハーフタイムに放ったコーキチの言葉なんですが、
『裏を狙うように指示していたんだけど、狙いすぎだから、もっと足元足元で。』

あまりいい言葉ではないかも知れませんが、この言葉でマリノスがまたさらによくなったのは事実(押し気味なのは変わらないけど、その上形もすごくよくなった)、そしてこれは時間の問題だという雰囲気の中、やませのスーパー個人技で1-1。
この試合、やませは体キレキレ。

ここから先もマリノスペースでしたが、まあなんといってもこの2チームの差は、"選手層"なんですよね。
イエロー1枚もらってるからか、マリノスは松田に代えてアーリアとか、そういう交代。
そういう交代しかできない、FWの控えがいないマリノス。
(しかしイエローもらってるとはいえ、動きがかなりよかった松田を代えたのは謎交代でしたが。)

フロンターレは、この試合は枠外シュート連発で調子悪かったテセに代えてFW矢島投入。
さらにベンチには黒津もいるし。
(毎度言ってますが、ベンチに外人3人のうち誰か1人残しておいたらフロンターレはさらに恐いんですけどね。そこはPRIDEof外人の力。それでも矢島や黒津がいる。)

この交代層がすべてかなと。

マリノスのミスからでしたが、それを拾って矢島の素晴らしきロングシュートで勝負決まり。
けんごがいなくて、裏への抜け出しという武器がこの試合皆無、だからフロンターレの攻撃迫力はかなり激減だったのですが、まさかの伏兵の一発でした(^^)

コーキチはいい監督だと思います。
この試合観てても、マリノスの問題は明らかに"層"だと、そう感じました。
外人とれば解決しそう。

もったいないです。
だからコーキチにはW杯の時、解説で活躍してくれたら嬉しいなと。(関塚さんも2006の時みたいに解説やってほしいです。)
せっかくのW杯なのに糞解説陣だったら、ほんと萎えるからね。

てか"コーチキファン"のせるためとしては、『TDにコーキチどう?』、なんて、そんなことも思わなくもないですが。

コメント

コメントする

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2525hootball.blog14.fc2.com/tb.php/262-f3e2b923

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。