スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和レッズ2009。 

昨日は2008シーズン振り返ることしかできなかったので

今日は2009のこと書いてみました。




信藤さんが強調していた、

●レッズが長期的に目指すべきサッカーを示す「哲学(レッズスタイル)」を構築。

フィンケさんは若手を育てるのに定評があるみたいなので、

●若手を積極的に使って育てる。

この二つは今までやってこなかったんだから、

2009シーズンは絶対やってもらいたいこと。

でもこれやってくれれば2009は満足かっていうとそうじゃない。

なんといっても一番の目指すところは

タイトルを獲る。

特にリーグ。


どんな内容のサッカーしようが結果がすべて

なのがプロだし、

これを忘れてもらっては困る。

来年オフィシャルに

2009シーズンの検証として

『残念ながらタイトルは獲れませんでしたが、レッズスタイルの構築、若手の育成の面では大きな成果がありました。』

とタイトル獲れなかったけどいいこともありました

みたいに書かれても、とてとじゃないけど納得できない。

タイトル>>>>>>>>>>>>>>>>レッズスタイルの構築とか若手の育成

これをフロントには絶対に肝に銘じてもらいたい。


素晴らしい若い選手をどんどん育てあげているし、

素晴らしいサッカーを披露しているけど、

ここ3年タイトルがないアーセナル

今ベンゲル監督への批判がすごい。

こんなニュースもあった。

どんなにいいサッカーしても

結果が伴わなければ批判される。

レッズスタイルの構築や、若手の育成ももちろん大事だけど、

一番の目指すところはタイトル。

それをフロントには絶対忘れてほしくない。

詳しい方針については、来年1月中にお知らせする予定

らしいけど、

タイトル奪取のことどれだけ書かれているか楽しみ。

その時また書き綴りたいと思っています。



そして、

今日はマンU帰国後初の試合。

親近感湧くのでもちろんマンU応援。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。