スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラブワールドカップ マンU来日。 

マンUが昨日ついに来日

ベストメンバー。

週末のリーグ戦では引き分けだったけど、

その試合はルーニーいなかったし、

それにもう気が日本にいってたんじゃないかと思います。






マンU来日メンバー

監督   アレックス・ファーガソン スコットランド
GK 1 エドウィン・ファン・デル・サール 元オランダ代表
GK 12 ベン・フォスター イングランド代表(怪我の為辞退)
GK 29 トマシュ・クシュチャク ポーランド代表
DF 2 ギャリー・ネビル イングランド代表
DF 3 パトリス・エブラ フランス代表
DF 5 リオ・ファーディナンド イングランド代表
DF 15 ネマニャ・ビディッチ セルビア代表
DF 21 ラファエル・ダ・シウバ ブラジル
DF 22 ジョン・オシェイ アイルランド代表
DF 23 ジョニー・エバンス 北アイルランド代表
MF 16 マイケル・キャリック イングランド代表
MF 18 ポール・スコールズ 元イングランド代表
MF 24 ダレン・フレッチャー スコットランド代表
MF 28 ダロン・ギブソン アイルランド
FW 7 クリスティアーノ・ロナウド ポルトガル代表
FW 8 アンデルソン ブラジル代表
FW 9 ディミタール・ベルバトフ ブルガリア代表
FW 10 ウェイン・ルーニー イングランド代表
FW 11 ライアン・ギグス 元ウェールズ代表
FW 13 パク・チソン 韓国代表
FW 17 ナニ ポルトガル代表
FW 19 ダニエル・ウェルベック イングランド
FW 32 カルロス・テベス アルゼンチン代表


昨シーズン、プレミアリーグと欧州CLを獲った時のメンバーが基本で、

加わったのはベルバドフのみ。

若手で今シーズンデビューしたばかりの新星、

ラファエルやウェルベックも来日。

両新星とも今シーズンのプレミアリーグでもう初得点きめているくらいの選手なので

ただものじゃないです。

ベテラン勢、ファン・デル・サール、スコールズ、ギグスもまだまだ余裕で現役。

注目する選手は、

全員だけど、

なんといっても1番の注目は、

クリスティアーノ・ロナウド。

昨年のカカみたいに本来の実力をぜひ日本でみせてほしい。

アジア代表パクチソンも、欧州CL決勝では出場できなかったから

この大会では活躍してほしい。



マンUのフォーメーションは、

セントラルMF2人、左右ウィングの中盤の4-4-2。


         ●      ●


    ●                ●

         ●      ●


  ●                     ●
         ●      ●

  
             ●




プレミアリーグが週末あった関係で昨年のミランより来日は遅かった、

ということくらいしか死角が見当たらないけど、

そのコンディションの問題がどれだけ響くか。

過去リヴァプール、バルサと

死角が見当たらないって言われてて優勝できなかったし。

”ジャイアントキリング”

見たい気もしなくもないけど、

マンUのベストプレーもみたい。

とりあえず明後日のマンU-ガンバは

サッカーを純粋に楽しむのが一番かなと思います。

去年はドキドキしっぱなしだったので









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。